対策から安定収入まで色んな方法の賃貸経営|経営でお得術

Real estate

賃貸経営で対抗

不景気に対抗するには賃貸経営。

投資する方法は金融がメインですが、株式やFXとなるとハイリスクがネックになってきます。そこで現物投資である賃貸経営が注目されることになります。まとまった資金があれば、一棟購入しておくだけで、不労所得が半永久的に継続します。その間自分は働いてもいいし、働かなくてもよくなります。収益性の高い物件を購入しておけば、これが金の鳥となって稼いでくれます。不動産の一括借り上げや建築委託もしてもらえるサブリースという形態もありますが、より収益性のあるのはもっともシンプルなオーナーとして稼ぐ方法です。そのためには、都市部の高家賃収入が期待できる物件をとにかく探すことが大切です。自己責任でやる以上、知恵を絞っていくことが肝心です。

物件経営の手を広げていく。

賃貸経営は空き室や家賃滞納、物件の維持・メインテナンスなどが基本的なポイントとなってきます。これらを確実にするには、高所得者層をターゲットにした割に高級な物件を扱うことがコツです。安い買い物をすると、賃借人の所得もそれなりに低くなってきて、家賃の滞納も可能性が高くなります。高収入のビジネスマンを住人にしておいた方が支払いは確実ですし、空き室もできにくいです。賃貸経営は初期設定がすべてですので、ここは不動産業者とよく相談して決めたいものです。慣れてきましたら、そのあたりのノウハウを生かして、物件をまた増やしていくこともできます。これが賃貸経営のうまみでもあります。時間的な拘束がありませんので、資金余裕があるときにはビジネスの拡大を図っても良いのです。