対策から安定収入まで色んな方法の賃貸経営|経営でお得術

Real estate

相続税制の改正

アパート投資を始めるあなたの強い味方になってくれる会社を紹介しているのがこちらのサイトですよ。

相続税制の改正について

平成27年から、相続税の基礎控除額がこれまでの6割の金額に大幅に削減されました。かつては、相続税といえば一部の資産家だけが納税対象になるといわれていましたが、この改正に伴い、納税対象となる世帯が大きく増えるといわれています。特に、地価の高い都市部に不動産を所有している世帯は、この改正によって新たに納税対象となる可能性があります。そのため、事前の相続対策の重要性が強く叫ばれるようになっています。不動産を所有している場合の相続税の節税対策としては、賃貸経営を行うという方法があります。銀行などからお金を借り入れてアパートを建築して賃貸経営を行うことによって、相続税の対象となる遺産の額を減らすというものです。

相続対策としての賃貸経営について

しかし、賃貸経営を行うにあたっては注意すべき点もあります。一番は将来の空き室リスクや家賃収入の下落のリスクです。新築当初は比較的入居者の募集に困りませんが、築年数が経過していくにつれて、空き室のリスクが高まる可能性があります。また、周辺に新しい物件が増えたりすると、築年数を経過した物件は家賃を引き下げるといった方法でしか入居者を確保できない可能性もあります。そのため、相続税は節税できても、賃貸経営がうまくいかずに結果として賃貸アパートが大きな負債となってしまうリスクもあります。そのため、相続対策として賃貸経営を考えるにあたっては、周辺の人口動向や長期的な需要も踏まえて、慎重に判断することが重要になります。

アパートで投資

マンションだけでなくアパートでも投資をすることが可能になっています。実はアパートの方が投資をすることに勧められていて、多くの人がアパートの投資をすることを考えています。

もっと知ろう

賃貸経営で対抗

不景気になってしまったからといって収入を得ることを諦めてはいけません。今では色んな方法、特に最近では賃貸投資で安定した収入を得ることが可能になっていて、実現している人は多いです。

もっと知ろう

流行している経営

駐車場経営は、不動産を活用したビジネスの1つです。駐車場経営は、10年以上前から流行しているものですが、駐車場経営を行う場合は、まず土地の確保をする必要があります。

もっと知ろう